読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

How My Heart Sings

ななほし、やほし、こころほし。

チャック・ベリーと「マザー」と「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

北米の音楽 音楽

今日紹介するのは「ジョニー・B・グッド」「メイベリーン」「ロール・オーバー・ベートーベン」等の名曲で有名な Chuck Berryチャック・ベリー(1926〜)です。…ってあれ?まだ存命なんですか。ってあれれ?まだ現役でアルバムを出し続けているらしいです。…それは、たまげたなあ… iTunes Store にはレーベルの関係か、1979年のアルバムまでしか無いようですが。

ロックンロール・ミュージックについては、以前 The Fabulous Wailers 、ザ・ファビュラス・ウェイラーズについて書きました。チャック・ベリーと同時代のグループで、彼のフォロワー。 Wikipedia によると、performing saxophone-driven R&B and Chuck Berry rock and roll だそうです。

 

violinhi.hatenablog.com

 

何故、ロックンロールのCDを買おうと思った?

正直なところ、ロックンロールといって聴いたことがあるのはビートルズくらいで、知識はほとんど無いです。2012年当時これを自分の部屋のなかから発掘したときも、自分が持っていることは覚えていなかったです。記憶を掘り返していくと…何で買ったんだっけ。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」か「マザー」か、でしょうね。

一つ目の動画、マーティが弾く「ジョニー・B・グッド」は凄く有名なので、誰でも知っているかと思います。マーティは映画のなかで、ロックンロールの誕生に貢献してしまいます。というかサムネイルのところまでやらずにおけば良かったものを、舞台上でやりすぎてしまうのですが。


Johnny B. Goode - Back to the Future (9/10) Movie CLIP (1985) HD

 

二つ目がマザーから「おにいさんのテーマ」三つ目が同じく「おにいさんのテーマ/フランクさまのテーマ」です。どちらの動画にも「ヒッピー」って付いているのは、おにいさんがもろヒッピーのかっこうをしているから。戦闘時のBGMが、チャック・ベリーに激似だっていう評判なのです。これは、ギターキッズだった知り合いに教えてもらいました。


Hippie Battle - MOTHER

 


EarthBound (SNES) Music - Battle Frank & Hippies

チャック・ベリーのベスト・アルバム

"Great 28" というタイトルで全28トラック、ベスト盤です。さすがにベスト盤だけあって、自分のような知識の無い者でも聴いたことのあるよう名前の曲が並んでいて、どこで聴く機会があったんだろうと…

…実際に聴いてみたら、いきなり一曲目 "Maybellene" と二曲目 "Thirty Days" のイントロというか入りの部分がそっくりだ。リズムの刻みも同様にそっくり。どの曲も楽しく聴けるし、自分が曲名を知っていたような曲は名曲と言って良いと思うけどでも…ちゃんと聴けば違いがあるのは気付くけれど、どれも激似といっていい。

これは、「マザー」の「おにいさんのテーマ」がかなりチャック・ベリーに似ていたって、仕方無いね。記事の冒頭で書いたザ・ファビュラス・ウェイラーズだってかなり似ている感じの曲だしね。というか、当時アメリカは全国的にチャック・ベリーっぽい曲が溢れていたそうだしね。

Great 28

Great 28

 

 

Maybellene

Maybellene

 

Thirty Days (To Come Back Home)

Thirty Days (To Come Back Home)

チャック・ベリーの現在

 iTunes Store に1979年のアルバムがありました。評価は、どうなんでしょうね? 過去の焼き直しっぽい? みなさんも試聴してみてください。

 

I Need You Baby

I Need You Baby

 

Havana Moon

Havana Moon

後は、ちょっとだけYoutubeを見てみたんだけれど、1950年代当時の曲を演奏している動画しかないなぁ…以下の動画は、チャック・ベリーの2007年ライブ録音「ロール・オーバー・ベートーベン」、2014年のライブ録音「ジョニー・B・グッド」です。

"Great 28" のジャケットでしているような「ダックウォーク」が高齢の老人にできなくなっていても別に良いし、生きる伝統芸能としてリスペクトされるのは良いと思う。2007年のものは声にハリがあって良いけれど。2014年のものは少し痛々しいけれど。


Chuck Berry "Roll Over Beethoven"

 


chuck berry Johnny B Goode 2014