読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

How My Heart Sings

ななほし、やほし、こころほし。

フランツ・リストのメフィストワルツと後期作品集、ジェリー・ロール・モートンのアーリージャズ

音楽 買い物

直近のお買い物は以下の通り。…やっぱり、これくらい小まめに書かないと、月間30〜40枚程度も溜めてしまったら書くこと自体がおっくうになるな。

 

 シプリアン・カツァリスによるフランツ・リストの作品集。…「メフィスト・ワルツ」って四つもあるのか。というか解説通りだと「無調のバガテル S. 216」も当初はこのシリーズとして構想されたそうだから、五つと数えられなくもないそうです。このアルバムはそれらが全部一緒に入っているお得な一枚。

 

F. Liszt: Late Piano Music

F. Liszt: Late Piano Music

  • Ernő Szegedi
  • クラシック
  • ¥1500

Ernő Szegedi、ナクソスのページ等でエルノ・ゼゲディって訳になっている。名前からして、フンガロトンというレーベルからして、ハンガリー系の人。

表記がサール番号(S.xxx)でなくラーベ番号(R.xxx)となっているために分りにくいけれど、「メフィストワルツ第3番」「メフィストワルツ第4番」「凶星」「不安な雲」「夢−夜想曲」「無調のバガテル」等が入っている。

 

おそらくJelly Roll Morton、ジェリー・ロール・モートン(1890年〜1941年)の残したピアノロールから録音したもの。同じレーベルで、スコット・ジョプリンのピアノロールから録音したシリーズもあって、そっちも面白い。

  

こちらは、同じくジェリー・ロール・モートンの演奏で元は “78rpm record” いわゆるSPレコード。ピアノロールからと違ってノイズが大きいしレンジも狭い。…こうして考えると、ピアノロールって嵩張るかも知らんけど、凄いよね。