読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

How My Heart Sings

ななほし、やほし、こころほし。

Pierre Amoyalという完璧超人?

Prokofiev: Violin Sonatas

Prokofiev: Violin Sonatas

  • Frederic Chiu & Pierre Amoyal
  • クラシック
  • ¥1650

 Pierre Amoyalによるプロコフィエフのヴァイオリンソナタ。アモイヤルはハイフェッツのお弟子さん。ハイフェッツに師事した直後一年間は、音階の練習しかさせてもらえなかったのだそうだ。

そういう話しを読んだからという訳ではないが、音程が合っている、というのはこういう感じの演奏のことを言うんだな、と思う。ピアノと違ってヴァイオリンは音が綺麗なだけじゃダメで、音程が怪しい人の演奏は聴いていて迷子になるというか。何かピントが合ってない、もやもやしている、という場合は音程が怪しい場合がある。音程がヤバい人はコンクール辺りならザラに、録音を出すような人でも普通に居るので困る。

この人は音程は正確でかつ美音という完全無欠かというと、演奏解釈がヤバい場合があるらしいと小耳にはさんだことがある(怪しい)

Mozart: Sinfonia concertante & Concertone

Mozart: Sinfonia concertante & Concertone

  • Camerata de Lausanne & Pierre Amoyal
  • クラシック
  • ¥1600

Pierre Amoyalと自身の楽団によるモーツァルト、協奏交響曲ほか。ヴィオラのソロは奥さん。

…多分、身内で固めちゃうようなそういうところが良くないのではないか。この演奏自体は好きです。